佳佳唱片

瀏覽紀錄

UHQCD
日本
HAHN, HILARY
希拉蕊‧韓 (所有作品)
Paris [Hi-Res CD (MQA x UHQCD)]
網路價 NT$ : 999
產品條碼 :
4988031419762
產品編號:
UCCG45003
發行公司 :
UNI(環球) (發行商品)
發行日期 :
2021/03/05
發行類型 :
內裝片數 :
1片
無庫存

商品簡介

パリ [MQA/UHQCD] / ヒラリー・ハーン (ヴァイオリン)

芸術の街、パリへのオマージュ。ヒラリー・ハーン待望のニュー・アルバムでドイツ・グラモフォンに帰還。ヒラリー・ハーンが長年パリで共演してきた家族のようなオーケストラ、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団。ミッコ・フランクが首席指揮者を務めるこのオーケストラのアーティスト・イン・レジデンスを2018-19年に務めたヒラリー・ハーンが熱望した録音。1916年から17年にかけて作曲され、1923年パリで初演されたプロコフィエフの協奏曲第1番は、ヒラリー・ハーンのお気に入りの協奏曲。いままで最も多く演奏してきた作品のひとつで、録音の最適な共演者とタイミングを待ち続けていた。パリ出身のショーソンによる神秘的で瞑想的な「詩曲」の初演は、パリでイザイによって行われた。この曲はイザイに献呈されたショーソンの代表作。ヒラリー・ハーンの師ヤッシャ・ブロツキーはイザイの最後の弟子で、彼女はこの作品に自身の音楽的なルーツとして、個人的な繋がりを感じずにはいられない。2016年に亡くなったフィンランドの作曲家ラウタヴァーラとは、2013年のアルバム『27の小品~ヒラリー・ハーン・アンコール』で「ささやき」という楽曲を委嘱・演奏したのが最初のコラボレーションだった。また、ミッコ・フランクはラウタヴァーラの親しい友人であり、その作品の理解者として優れた演奏家だった。2014年にラウタヴァーラのヴァイオリン協奏曲を演奏した二人は、パリで初演するための新作協奏曲を委嘱することにしたが、ラウタヴァーラの健康状態が良くなく、その作品はセレナードに変更された。作曲家の死後、2曲目の途中までオーケストレーションがなされ、残りはピアノのスケッチがのこされた「2つのセレナード」が発見され、ラウタヴァーラの弟子である著名な作曲家カレヴィ・アホがオーケストレーションを完成させて、2019年2月に世界初演し、この世界初録音が行われた。国内盤のみMQACD。国内盤のみUHQCD。 [演奏] ヒラリー・ハーン (ヴァイオリン)、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、指揮: ミッコ・フランク 録音: 2019年6月 (1, 2)、2019年2月 (3) パリ 

專輯曲目

收合UHQCD 1

編號曲名
1. POEME FOR VIOLIN AND ORCHESTRA. OP. 25
2. VIOLIN CONCERTO NO. 1 IN D MAJOR. OP. 19 I. ANDANTINO. ANDANTE ASSAI
3. VIOLIN CONCERTO NO. 1 IN D MAJOR. OP. 19 II. SCHERZO: VIVACISSIMO
4. VIOLIN CONCERTO NO. 1 IN D MAJOR. OP. 19 III. MODERATO. ALLEGRO MODERATO
5. DEUX SERENADES (WRITTEN FOR HILARY HAHN) NO. 1. SERENADE POUR MON AMOUR. MODERATO
6. DEUX SERENADES (WRITTEN FOR HILARY HAHN) NO. 2. SERENADE POUR LA VIE. ANDANTE ASSAI. COMODO. AGITATO